【2019年】私が買ってよかったものはこれ!⇒

ナチュラルガーデンにおすすめ 育てやすい多年草・宿根草22種

ナチュラルガーデンにおすすめ 育てやすい多年草・宿根草22種

季節ごとのお花の植え替えは、楽しいけれど大変に感じることもありますよね。

 

多年草・宿根草をうまく活用して、手間のかからないガーデニングを楽しんでみませんか?

 

丈夫で育てやすい種類を選べば、一度植えるだけで毎年花を楽しむことができますよ。

きのこ

年々大きく育っていく様子が見られるのもうれしい!

 

今回は、おすすめの育てやすい多年草・宿根草を、まとめて22種類一挙にご紹介していきます。

 

ナチュラルな庭と言えば、イングリッシュガーデン。長野のイングリッシュガーデンレポートも併せてぜひご覧ください!

蓼科高原バラクライングリッシュガーデン 感想を写真付きで紹介

蓼科高原バラクライングリッシュガーデン 感想を写真付きで紹介蓼科高原バラクライングリッシュガーデン 感想を写真付きで紹介

 

多年草・宿根草・一年草の違いとは

多年草、一年草、宿根草について簡単に解説します。

多年草って?

多年草とは、1年で枯れることなく、毎年花を咲かせる植物の種類です。

 

多年草は年々成長して大株になるので、植え付けるときからスペースを広めにとっておくと良いですね。大きくなって来たら株分けする、という方法もあります。

 

多年草に対して「一年草」という種類もあります。

 

一年草って?

一年草は、種が発芽してから花が咲き、枯れるまでが一年以内の植物。朝顔やヒマワリなどは代表的な一年草ですね(多年草タイプもあります)。

 

小学生のころ、朝顔、育てませんでしたか?

 

春に種をまいたら芽が出てぐんぐん成長し、夏には花が咲き、やがて種ができて冬が来る前に枯れてしまう。そんなワンシーズンのみ楽しむタイプの植物です。

 

多年草と宿根草の違い

1年で枯れることなく、毎年花を咲かせる多年草。宿根草は、複数年枯れないので、多年草に含まれます。

 

特に、常緑で葉や茎などの地上部分が枯れないものを多年草、休眠期に地上部分が枯れて根だけが残るものが宿根草と呼ばれています

 

多年草の魅力は?

多年草は、一度植えてしまえば何年も花を楽しめます。一年草のように、シーズンごとに枯れた苗を抜いて、また新しい苗を植えて・・・という手間がありません。

 

まさに楽ちんガーデニングです。それに、年々大きくなって花数が増えていくのも楽しみの一つ。

 

それじゃ、庭やベランダ中を多年草だらけにしちゃおう!というのも良いのですが、多年草の花は、一年草の花の華やかさと比べるとやや地味だったり、花の数が少なかったり、開花期間が短かったりします。

 

そのため、多年草ばかりだと少し寂しい印象になることも・・・。

 

しかし、派手さはそこまでないものの、野に咲く花を集めたようなナチュラルでやさしい雰囲気の花が多く、イングリッシュガーデンやナチュラルガーデンの雰囲気が好きな方にはぴったり!

 

多年草と一年草をうまく組み合わせることで、華やかさや季節感をプラスすることもできますよ。

 

丈夫で育てやすい、初心者におすすめの多年草・宿根草8種

白蝶草(ガウラ)

暑さ寒さに強く、ほとんどお手入れがいらないという初心者には頼もしい花。初夏から冬の初めまで咲くという、宿根草にして開花期間が長いのも魅力。

 

我が家でも、コンパクトなタイプのガウラを育てています。「ベインズフェアリー」という品種です。

 

白い花は周りが明るくなってさわやかな感じがするので気に入っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinokononiwaさん(@kinokononiwa_insta)がシェアした投稿

■宿根草■コンパクトガウラバーシーフルフェアリー(旧名ベインズフェアリー)9cmポット苗

ユーパトリウム(フジバカマ)

こまかな花がたくさん咲き、清楚ながらも華やかな雰囲気です。

 

こちらも暑さ、寒さに強く、病害虫にも強い。剪定の必要もあまりなく、土質も選ばないといううれしい花です。

 

源平小菊(エリゲロン)

暑さ、寒さに強く、放任でもよく咲くお花です。

 

やさしくかわいらしい雰囲気で、寄せ植えにも向いています。初夏から秋まで長く咲くのも特徴。

 

バーベナ

バーベナには非常に多くの種類があり、一年草も、多年草タイプもあります。

 

三尺バーベナは、背が高く、まとまった小花のポンポンが揺れるかわいらしい花です。ナチュラルに群生させても、花壇の背景にしてもステキ。

 

斑入りツルニチニチソウ

 

とても丈夫なので、一度植えれば増えすぎて困るくらい増えていきます。強い植物なので、伸びすぎてしまったら適宜切れば問題ありません。

 

地面に沿ってはうように育つので、花壇や鉢のふちからしだれるように植えてもステキですね。

 

キャットミント

こんもりと青いお花が立ち上がる姿が爽やかで素敵です。丈夫で、伸びすぎても適宜切れば再生するという力強さ。

 

「ウォーカーズロウ」は、ぎゅっとまとまったきれいな姿が特徴。

 

我が家も、花壇の片隅にウォーカーズロウを植えています。こまめな剪定が必要ないので、ズボラガーデナーの私でも扱いやすい品種です。

宿根草キャットミント ウォーカーズロウ

まだ植えてから1か月たっていないくらいですが、花穂がどんどん伸びてきて、あっという間に淡いラベンダー色の花を咲かせてくれました。

 

さすが、暑さにも寒さにも強く、丈夫と評判の品種です。こんもりとした姿になるのが楽しみです。

 

シレネ

シレネの仲間は約300種類もあるそうです。

 

暑さ寒さに強く、さらにこぼれ種で増えるというおまけつき。何もせずに花が増えていくなんてすばらしい!

 

自然な雰囲気の小花は、色々な植物との相性もよさそうです。

 

サルビアネモローサ

サルビアは、本当にたくさんの種類があってどれもステキなのですが、基本的に丈夫な性質のものが多いようです。

 

長い花穂にたくさんの花が咲き、華やか。アンティークな色合いの花を合わせてもかっこよくなりそう。

 

日陰におすすめの多年草・宿根草12種

アジュガ

アジュガも色々な種類があります。常緑なので冬でも葉が残り、グリーンとしても楽しめますよ。

 

種類によっては、気温によって葉の色も変化するそう。お花とはまた違った楽しみがありますね。

 

寄せ植えに入れてもおしゃれな雰囲気になりそうです。

 

アスチルベ

ふわふわとしたかわいらしいお花が魅力です。丈夫で、あまりお手入れしなくても花が楽しめます。

 

アンティークな色合いのお庭にも似合いそうです。赤・ピンク・白などの花色があります。

 

イカリソウ

茎が細くて繊細な印象ですが、丈夫で育てやすい品種だそうです。

 

野山に咲いているようなかわいらしい小花。葉は紅葉も楽しめます。

 

シュウメイギク

夏の終わりから秋に咲き、秋の訪れを教えてくれます。丈夫で、地植えの場合はほぼ植えっぱなしでOKです。

 

鉢植えの場合は土が乾きすぎないよう注意しましょう。

 

プルモナリア

鮮やかな青がステキな花。こんな鮮やかな花がたくさん咲くと、パッと明るくなりますね。

 

強い乾燥が苦手なので、半日陰で育てます。

 

ホタルブクロ

釣鐘型の花が茎にいくつも咲きます。

 

ナチュラルで風情のある花ですが、丈夫で育てやすいのがうれしい。そしてほったらかしでもよく増える、手間いらずのお花です。

 

フィリペンデュラ(シモツケソウ)

フィリペンデュラ ‘ベヌスタ’
created by Rinker

背が高く、ふわふわとした花の穂がおしゃれ。

 

フィリペンデュラはシモツケソウの学名のことで、シモツケソウは日本の野山にも自生しているそうです。

 

西洋オダマキ

西洋オダマキにはたくさんの花色があり、迷いながら選ぶのもまた楽しい!シックで大人な雰囲気からエレガントでやさしい感じまでお好みで選べます。

 

こぼれ種でも増えていくくらい丈夫で育てやすいです。

 

交雑しやすい植物なので、こぼれ種で増えた場合は親と同じ花になるとは限らないそうです。どんな花になるのかワクワクしますね。

 

ダイモンジソウ

先日、NHKのテレビ番組「趣味の園芸」でも紹介されていました。色々な種類があって奥が深い花だそうですね。

 

花びらが漢字の「大」に見えることからこの名前が付いたそうです。秋に咲く、風情のあるお花です。

 

ヤブラン

花壇などに植えてあるのをよく見かけませんか?花がない時期もカラーリーフとして、お庭を彩ってくれます。

 

スッと伸びた葉がおしゃれですね。丈夫な性質で、日陰に植えられるとなれば、あちこちで見かけるのも納得です。

 

ティアレラ

ティアレラ ‘ピンクスカイロケット’
created by Rinker

日陰でもたくさんの花を咲かせてくれる貴重なお花。

 

ふわふわの立ち上がった花がかわいらしく、開花期は日陰も明るい雰囲気になりそうですね。

 

ツボサンゴ(ヒューケラ)

[パープル系・中型種]ヒューケラ:グレープソーダ2.5号ポット 3株セット ノーブランド品
ノーブランド品

カラーリーフとして人気のあるツボサンゴ(ヒューケラ)は、たくさんの色があり、合わせるカラーで雰囲気もガラッと変わります。

 

花は、泡のような白い花が咲くそうです。赤や紫の葉色もステキ。

 

緑でも、個性的な斑入りなど、様々なタイプがあります。

 

花が少なくなる冬に開花する多年草・宿根草2種

スノードロップ

2~3月に清楚なかわいらしい花を咲かせます。球根ですが、数年間は植えたままで毎年楽しめるそうです。

 

寒ーい冬に、いち早く春の訪れを知らせてくれる植物があるとうれしいですね。

 

クリスマスローズ

一重咲き、半八重咲き、八重咲き、と花の形も様々、色も様々あり愛好家の方も多い花です。

 

うつむき加減に咲く花は、なんだか優雅な雰囲気がありますね。

 

冬に咲く花はあまりないので、色々な種類を集めたくなりそうです。

 

育てやすい多年草・宿根草 まとめ

丈夫で育てやすい多年草・宿根草を一気に22種類ご紹介してきました。

 

花壇や鉢の奥側に背の高い多年草・宿根草、真ん中に中くらいの多年草・宿根草、手前に背の低い一年草を植えると立体感が出てステキですね。

 

シーズンごとに植え替えるのは手前の一年草だけでよいのでメンテナンスも楽になります。

 

一年草は花も多くて華やかなものが多いので、一年草を植え替えるだけでイメージも変わりますし、季節感を出すこともできますよ。

 

他にもおすすめの育てやすい花はこちらで紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね!

初心者でも育てやすい!おすすめの花17種類をまとめて紹介初心者でも育てやすい!おすすめの花17種類をまとめて紹介

こちらもおすすめ

大型園芸店「ザ・ガーデン本店ヨネヤマプランテイション」に行ってきました大型園芸店「ザ・ガーデン本店 ヨネヤマプランテイション」へ行ってきました 置くだけで絵になる、おしゃれで実用的なじょうろのまとめ置くだけで絵になる、おしゃれで実用的なじょうろのまとめ おしゃれな植木鉢ナチュラルガーデンにぴったりのおしゃれな植木鉢まとめ