4才と行く夏休みのサンリオピューロランド 混雑状況などをレポート

4才と行く夏休みのサンリオピューロランド 混雑状況などをレポート

4才の娘を連れてサンリオピューロランドへ行ってきました。

 

行ってきたのは、8月後半、夏休みの平日です。やはりそれなりに混んでいましたが、園内がコンパクトなので思っていた以上にじっくりあれこれ楽しめました。

 

今回は、4才をサンリオピューロランドに連れて行った感想や混雑状況などをレポートしていきます。

 

2019年は週末のサンリオピューロランドへ行ってきました!レポートはこちら

サンリオピューロランドの混雑状況をレポート!混んでいても楽しむ方法も紹介

サンリオピューロランドの混雑状況サンリオピューロランドの混雑状況をレポート!混んでいても楽しむ方法も紹介

 

チケットは事前入手が安くて便利

サンリオピューロランド

行ってきたのは、8月の終わりの平日です。なぜなら、夏休みの平日限定の招待券をもらったのですが行きそびれており、慌てて駆け込んだから・・・。

 

ピューロランドには10時半過ぎに到着しました。窓口は数組並んでいます。

 

サンリオショップやコンビニの端末で事前にチケットを入手しておくと、暑い中待たずにすむうえ割引料金になるので便利ですよ

 

また、公式ホームページには、実は割引情報がたくさん載っています。ぜひチェックしておきましょう。




夏休み平日のアトラクションと混雑状況・待ち時間

ぐでたま・ザ・ム~ビ~ショ~

開始5分前くらいに行ったら、入れましたが立ち見でした。子どもはちょっと広めの通路はじっこに座っている子が多かったです。(通路に座らないでね、などの注意は特になし)

 

ディズニーシーの「タートルトーク」のような感じで、画面に映るぐでたまと、お客さんの中で指名された人が会話する、という形式。

 

指名されるのがすべて大人で、私たちが見た回は何度も同じおじさまがイジられていて・・・4才の娘は「つまらなかった」と言っていました・・・。

 

もう少し大きい子向けかも。大人は、まあまあ楽しかったです。

 

レディキティハウス

サンリオピューロランド

入るまで、30分くらい待ちました。子連れで並ぶのって、なかなかしんどいです。すぐに「だっこ~」となりますし。

 

コンパクトな椅子や、絵本などを持っていけばよかったなと思いました。こういう椅子、軽いしコンパクトで、子どもを座らせるにはぴったり。

 

我が家も折りたたみ椅子はあるのに、肝心な時に忘れる始末・・・。

 

レディキティハウスは、室内にあるかわいらしいディスプレイ(キティの家、という設定)で写真が撮れるというアトラクションです。

 

ディズニーランドでいうと、ミニーの家とか、シンデレラ城のような感じ。最後はキティと一緒に写真を撮ることができます。(マイカメラ不可、写真は出口で販売)

 

キティは、よくグッズで見る2頭身とは違って、顔だけ着ぐるみで体はすらっとしているのでちょっと怖かったです・・・。(ファンの方、すみません)

 

そのとき、キティにお花をあげるとプレゼントがもらえるそうなのですが、そのお花は1つ500円。我が家は買いませんでしたが、子どもにはいい記念になるかもしれませんね!

 

サンリオピューロランド

レディキティハウスの前にはこんなフォトスポットも。子どもはノリノリです。プリンセス大好きな4才女子にはたまりません。




サンリオキャラクターボートライド

ピューロランドの目玉ともいえる乗り物です。実は、ピューロランドには、遊園地的な乗り物は2つしかありません。

 

そのうちのひとつがこのキャラクターボートライド。ディズニーランドでいう「イッツアスモールワールド」のような乗り物で、ボートに乗ってサンリオキャラクターたちの世界を探検できます。

 

懐かしのキャラクターから最近のキャラクターまでサンリオ大集合!大人も子供も楽しめます。乗り物大好きな娘も大喜び。

 

この日は45分待ちの表示でしたが、途中まで並んだところで「乗る場所が2列目以降でも良ければ先にご案内します」とスタッフの方が声をかけていました。

 

子どもも疲れていたので、そちらに申し出たところ、合計20分待ちくらいと、案外早く乗ることができました

 

ボートライドは、「アトラクションピューロパス」も使えます。

「アトラクションピューロパス」とは

ディズニーランドでいうファストパスのようなもので、このチケットがあれば通常の行列に並ばずにアトラクションが楽しめるのです。ファミリー用なら4人までで1,000円。

 

正直言って、何かとお金とるなあ・・・という印象ではありますが、子どもや自分の体力&時間を考えると、こういう有料のパスを活用するのもありですね。

 

しかし、この日は「アトラクションピューロパス」の列も少し並んでいました

 

ディズニーランドのファストパスのように時間が指定されているわけではないので、タイミングによっては結局少し待つようです。

 

~キキ&ララ~トウィンクリングツアー

サンリオピューロランド

小部屋でキキ&ララのストーリーを見た後、キキ&ララの家(?)を見学しながらかわいい写真が撮れるアトラクションです。こちらも30分ほど並びました

 

内容は、レディキティハウスのキキララ版といった感じでしょうか。キティの家はプリンセス感満載ですが、こちらはうって変わってメルヘン&ファンタジーの世界。

 

触ると光る噴水や、雲製造機など、遊べるポイントがあるので娘はこちらの方が気に入ったようです。

サンリオピューロランド

キッチンやカップなど、おままごとが始まり楽しそう。




~マイメロディ&クロミ~マイメロードドライブ

サンリオピューロランド

こちらは乗り物タイプのアトラクション。マイメロカーに乗ってドライブします。

 

この日は45分ほど待ちました。マイメロカーはかわいくて、子どもも喜んでいたのですが、待ち時間が長くて疲れました・・・。次回はやっぱり椅子を持っていこう。

 

こちらも「アトラクションピューロパス」が利用可能です。どれも待ち時間があるので、一回くらいは使ってみても良かったかも。

 

ちなみにこのアトラクション、ただの乗り物ではありません。乗車中に6回も写真が撮られるポイントがあります。

 

乗車後、プリクラのような機械で写真をデコ、出来上がった写真を購入できる、というアトラクションなのです。写真はもちろん別料金で900円です。

 

ぐでたまらんど

サンリオピューロランド

こちらも45分ほどの待ち時間。我が家は疲れてしまって入場しませんでした。

 

公式ホームページによると、3つのゲームが楽しめるそう。写真を撮るだけではなく、げーうもあるなら行ってみればよかったなあと思いました。

 

並んでいる人は大人の方が多かったです。

 

リルリルフェアリル大行進

子供向けのイベントです。着ぐるみや、ダンサーのお姉さんと一緒に行進ができるというかわいらしいイベントなのですが、我が家の娘は嫌がって参加できず。

 

参加には、フェアリルウィングという背中につける羽のようなグッズ(900円)を購入する必要があります

 

うーん、何か、別料金のもの多くない・・・?という気持ちはおおいにありますが、見た目はかわいいし、めったに来ないからせっかくだし、と買ってあげたくなってしまいます。

 

常連っぽい、慣れた感じの親子さんが多かったです。




KAWAII KABUKI

歌舞伎風のキティが見られる劇場型のショーです。

 

入口の看板にあった歌舞伎メイクのキティを見て、4才の娘は「こわいから行かない」と拒否。何度か通りがかりましたが、常にいっぱいで、かなり人気があるようでした。

 

夜のパレードショーの混雑具合

サンリオピューロランド

この日は、園内中心の広場で、夏祭りをテーマにしたパレードショーが行われていました。

 

始まる直前に行ったのですが、ちょうど段差に座れ、ゆっくり見ることができました。人数が多い場合は、あらかじめ席をとっておくか、分かれてみることになりそうです。

 

それほど広くないので、どこにいても割としっかり見えますよ。

サンリオピューロランド

ショーを盛り上げるために必要なのが、こちらのグッズ。この時は、サンリオらしいかわいいデザインのでんでんだいこでした。確か500円くらい。

 

ショーが始まる前~始まってしばらくしてからも、売り子のお姉さんが売り歩いています。子どもは、一生懸命たいこを鳴らしてショーに参加していました。

 

グッズがなくてもショーは楽しめますが、「みんなで太鼓を鳴らそう~!」というショーなので、やっぱりグッズを買いたくなってしまいます。




ピューロランドのレストラン混雑状況

ピューロランドのランチ事情についてご紹介していきます。

キャラクターフードコート

サンリオピューロランド ランチ

我が家はフードコートでお昼を食べました。再入場はOKなので、外に出て食べることもできます

 

お店まではすこーし歩くので、小さい子ども連れの方は中で食べてしまう方が楽かもしれませんね。

 

娘は、絶対これがいいと言って、マイメロのお弁当箱がついたランチ。サンリオキャラクターにちなんだメニューがたくさんありましたが、正直味はそれほど・・・。

 

お値段は、ラーメンやカレーなど、どれも1200円くらい。マイメロをかたどったピンクのカレーなど、”インスタ映え”しそうなメニューもありましたよ。

 

広いので入れ替わりも早く、席は5分くらい待てばすぐに見つかる感じでした。ただ、料理の注文に並んでいるので、食べ物を頼むまでに20分以上は待ちました

 

サンリオポップコーン

サンリオピューロランド

サンリオショップによくあるポップコーンが、ここにも。アトラクションに並ぶ前に購入し、並びながら食べました。

 

他にも、森永のアイスの自動販売機なども。サンリオをかたどったかわいらしいスイーツカフェなどもあるようだったのですが、4階などまで移動しないといけないので、子どもが疲れてしまうと行きづらいです。

 

今度は、あまりアトラクションに並ばずにカフェなどもゆっくり楽しみたいなあ。




ピューロランドはすべて室内

園内は、すべて室内ということもあって、それほど広くはないのですが、それぞれのアトラクションなどの場所がわかりにくかったです。(私が方向音痴なだけ??)

 

ベビーカーは禁止なので注意

暑さ・寒さ・雨など天気に左右されずに遊べるのは、子連れにはうれしいポイント。ただ、館内はベビーカー禁止なので、ベビーカーの利用を考えている方は要注意です

 

公式ホームページには「平日」はベビーカーOKと書いてありますが、ベビーカーで回れるようなつくりにはなっていないうえ、夏休みの平日は「休日」扱いです。

 

必要な方は抱っこひもなどの準備をお忘れなく。

 

サンリオピューロランドの混雑状況 まとめ

8月後半、夏休みの平日はそれなりの混雑。人気の乗り物アトラクションは40分以上待ち、キティやキキララなどの写真を撮る系のアトラクションは20~30分待ちでした。

 

子連れで行く場合は、家族で交代で並んだり折りたたみいすを持参するなどすると楽に待てるのでおすすめです。

 

場合によっては有料の「アトラクションピューロパス」を活用して、行列をスキップするのもありですね。

 

園内ではグッズの購入や写真の購入など、なにかとお金を使うので、あらかじめ予算に考えておきましょう。

 

再入場もできるので、食事は、外で食べるのも良いですが、子連れであちこち移動するのも大変なので、レストラン情報をあらかじめ調べておけるといいですね。

東京・神奈川で子連れで遊ぶならぜひチェック!