【2019年】私が買ってよかったものはこれ!⇒

リリエンベルグのティールームで絶品!和栗のパフェを食べてきました

リリエンベルグのティールームで絶品!和栗のパフェを食べてきました

新百合ヶ丘にある、ウィーン菓子の人気店「リリエンベルグ」。

 

「リリエンベルグ」は決してアクセスの良い立地ではないのに、週末は行列ができるほどの人気店です。

 

そして、リリエンベルグには実は、平日限定でオープンするティールームがあります。

 

席数が少なく、平日午前には行かないと入りづらいらしい…しかし、ティールーム限定のパフェは絶品!とのうわさ。

 

長らく気になっていた私もついに!念願だったティールームでパフェをいただくことができました。

 

この記事では、リリエンベルグのティールームの混雑具合や、行ってみた感想をご紹介していきます。

 

リリエンベルグとは

リリエンベルグの店舗

リリエンベルグは、川崎市麻生区にあるお菓子屋さん。最寄り駅は小田急線の新百合ヶ丘駅です。

 

一度見たら忘れられない、メルヘンな建物の中には、ケーキや焼き菓子、自家製ドリンクなどが並んでいます。

 

どれも、一見シンプルですが素材の味を大切にした、とてもやさしいお味のお菓子。

 

そんなリリエンベルグは百貨店などには出店しておらず、この新百合ヶ丘の直営店でしか買うことができません。

 

リリエンベルグのファンは多く、土日はケーキを買うのにも行列必須なんです。

 

詳しくはこちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

メルヘンなお菓子屋さん「リリエンベルグ」の混雑状況と感想メルヘンなお菓子屋さん「リリエンベルグ」(新百合ヶ丘)の混雑状況と感想

 

リリエンベルグのティールーム

リリエンベルグの店舗

ケーキ販売のピンクの建物の隣には、山小屋風のかわいい建物が!

 

こちらがリリエンベルグのティールームです。

 

ティールームの営業時間

リリエンベルグのティールームは、平日限定の営業で、土日祝日はお休みです。

 

また、第1・3月曜日と毎週火曜日は定休日なのでご注意ください。(2020年は毎週月・火曜日が定休日になります)

 

営業時間は、午前10時~午後6時まで。

 

さらに、11月、12月はティールームはお休みとなりますので、こちらもお気を付けください!

きのこ

ティールーム訪問前には、念のためホームページで営業日をチェックするのがおすすめ!

 

ティールームの混雑具合

私がティールームに到着したのは午前10時半ごろ。

 

なんと、その時点で駐車場は満車でした!

 

平日にもかかわらず、お店の前には2名の警備員さんが!入庫待ちで並ぶのは禁止なので、止まらないように案内されます。

 

しばらくしてもう一度来ると、ちょうど1台の車が出たところ!なんとか車を停めることができました。

 

リリエンベルグは駅から少し距離があるので、やはり車で来る方多いようですね。

 

車から降り、ティールームへ向かうと、こちらも現在満席…とのことで、リストに名前を書いて待つことになりました。

 

10時半過ぎの到着で3組待ちの状態です。さすがの人気!

 

テラスは待合スペースになっていて、座って待つこともできますが、せっかくなので待ち時間の間に隣の販売店舗へ行き、焼き菓子などを見ることにしました。

 

ティールームのメニュー

30~40分ほど待ったところで、いよいよ入店!

 

入ってすぐにショーケースがあり、その場で注文してから席につく仕組みです。

 

販売店舗で売られているのと同じケーキを選ぶこともできますし、ティールーム限定の季節のパフェを選ぶこともできます。

 

パフェの内容は季節ごとに変わるそうで、2019年は10月は栗のパフェとのことでした。

 

飲み物は、コーヒー、紅茶のほか、特製のジンジャードリンクなどがありました。

 

私は紅茶を頼みましたが、ポットでのサーブでたっぷり入っていたのがうれしかったです。

 

また、サービスの焼き菓子が一つついていて、まるでヨーロッパのカフェのよう。

きのこ

さすがは「ウィーン菓子」のお店ですね




リリエンベルグの栗のパフェ

リリエンベルグのモンブランパフェ

私が注文したのは、もちろん念願のパフェ!!

 

季節ごとに変わるパフェ、今回は栗のパフェでした。

 

お値段は1500円(+税)で、主婦の私には贅沢なお品ですが、たまのご褒美にはいいでしょう。

 

内容は、スタッフの方が丁寧に説明してくださるのですがすっかり忘れてしまいました…。和栗を使っている、とおっしゃっていたと思います。

 

一番上にはとってもあま~い飴。カリッとしていておいしいですが、とても甘いので、横によけて少しずつ食べてちょうどよかったです。

 

下には、濃厚な栗のペーストに、プルプル食感のゼリー、さらに、大粒の栗がゴロゴロと入っています。

 

さらにさらに、なめらかな栗のアイスにチョコレートアイス、と、感動しっぱなしのパフェでした。

きのこ

栗のペーストやまるごと栗、栗アイス、いろんな栗が一気に味わえる贅沢なパフェ!

 

ボリューム満点なのでおなかは一杯、食べ応え十分です。

 

ティールームでパフェを頼もうと考えている方は、ランチの調整が不可欠です!

 

リリエンベルグの季節のパフェ

10月は栗のパフェでしたが、季節ごとに様々なパフェがあるようです。

 

ツイッターで見つけて気になったのは、

 

バラのパフェに、

 

マカロンまでのっているイチゴパフェ、

 

濃厚そうなチョコレートパフェに、

 

さわやかな桃のパフェ!

 

どれもこれもおいしそう…。




リリエンベルグのティールーム まとめ

リリエンベルグのティールームは、平日午前中という時間帯にもかかわらず、駐車場は満車!ティールームも3組待ちと大人気のカフェでした。

 

やはり気になるのは、ティールーム限定の季節のパフェですが、販売店舗で売られているケーキをいただくことも可能です。

 

土日祝日以外の平日限定の営業、しかも月・火曜日は定休日の場合も多いので、営業日をチェックしてから訪問するのがおすすめです。

 

また、11月、12月はティールームがお休みなのでお気を付けください!

 

落ち着いた素敵な空間で、おいしいお菓子を楽しんでくださいね。

 

私も次のパフェに出会えるのが楽しみです。

 

リリエンベルグについては、こちらの記事もどうぞ!

関連記事

メルヘンなお菓子屋さん「リリエンベルグ」の混雑状況と感想メルヘンなお菓子屋さん「リリエンベルグ」(新百合ヶ丘)の混雑状況と感想