楽しくできる入学準備⇒

8年目のウンベラータをお手入れ!剪定・植え替え・挿し木にまとめてチャレンジ

8年目のウンベラータをお手入れ!剪定・植え替え・挿し木にまとめてチャレンジ

植物のことは一切わからずに、約8年前に手に入れたウンベラータ。

 

それから6年間は水やりしかしていませんでしたが、なんとか成長してくれ、初めての植え替えにチャレンジしたのが2年前。

 

その時はこんなにフサフサと葉を茂らせていたのですが…

育てやすい観葉植物 ウンベラータ

 

植え替えから2年がたち、枝も伸び、葉も茂らなくなってきたので思い切って剪定&挿し木にチャレンジすることにしました。

きのこ

ついでに土も変えたいので植え替えもね!

 

剪定前の写真を撮り忘れてしまったので、こちらは剪定から1か月半後の姿です↓

ウンベラータの挿し木

 

この記事では、初めてのウンベラータの剪定と、剪定した枝の挿し木の成長をご紹介していきます。

 

▼ウンベラータの基本情報はこちらの記事もどうぞ

参考おしゃれで育てやすい観葉植物 初心者にもおすすめのウンベラータ

 

ウンベラータの剪定方法

梅雨入りするかしないかの6月10日、ひょろひょろと伸びてしまったウンベラータの剪定をすることにしました。

 

剪定に適した時期

ウンベラータは暖かい時期に成長する植物なので、4月~7月くらいに剪定すると良いそうです。

きのこ

ものによっては4月~8月、4~9月と書いてあるものもありました

 

冬は避け、気温が上がってきたころが剪定できるタイミング、と思っておけば良いようです。

 

剪定する場所

ウンベラータの挿し木

我が家では、3か所を剪定することにしました。

 

本やサイトなどによると、

成長後にどんな形にしたいかイメージを膨らませて切るのが大切!

ということなのですが、

きのこ

どんな風に芽が出てどうなっていくのか、いまいちよくわからないんだよね…

 

ということで、切る場所はわりと適当に決めてしまいました。

 

バッサリ剪定してもしっかり成長してくれるようですが、今回はお試しということで、ひょろっとして葉っぱがあまりない枝を切り詰めた感じです。

 

芽が伸びてくる場所

後からわかったのですが、ウンベラータの新芽は、葉のついていた丸い跡の上にあるちょこっとしたでっぱり部分(矢印部分)から伸びてきます。

きのこ

剪定後に育った姿を見てやっとわかりました!

 

ウンベラータの挿し木

伸ばしたい芽のすぐ上で剪定すると、うまく樹形をコントロールしていくことができます。

 

芽が出ている方向はそれぞれ違うので、伸ばしたい方向を考えて切ってみてくださいね!

きのこ

理屈はわかっても、どういう姿になっていくのかやっぱりイメージできないんですけどね…

 

白い樹液に注意!

ウンベラータの挿し木

ウンベラータの枝を切ると、白い樹液が出てきます。

 

肌がかぶれる場合があるそうなので、触らないように注意が必要です。

 

樹液は下に垂れるくらい出てくるので、すぐにふけるよう、ティッシュなどを近くに準備しておいたり、床に新聞紙をひく、エプロンを付ける、などガードしておくと良いと思います。

 

剪定に使う道具

植物の剪定にはよく切れるハサミを使うのが定説です。

 

が、私は剪定用のハサミが樹液でベタベタになったらいやだなあ…と思ってしまい、カッターで切りました。

 

すぐに洗ったら思ったほどはベタベタにならなかったので、剪定ハサミでも大丈夫だったかもしれません。

 

私が使っているハサミはこれ↓

 

切った枝を挿し木にする

ウンベラータの挿し木

切り取った枝の先は、挿し木して新しい株を作ることができるそうです。

 

せっかくなので、挿し木にもチャレンジしてみることにしました。

 

挿し木のやり方

挿し木の仕方は、いたって簡単。

切った枝を水につけておくだけ!

 

最初は樹液が出て水が汚れるのでこまめに変えました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinokononiwa(@kinokononiwa_insta)がシェアした投稿

 

しばらく水につけておくと、枝から根が出てくるそうです。

きのこ

どうなるのか楽しみ!

 

親株の植え替え

親株(もともとあったウンベラータ)の土も、2年前に変えたきりだったので、合わせて植え替えをすることに。

 

植え替えの手順

ウンベラータの植え替え

我が家の場合は、あまり大きくしたくなかったので、同じ鉢に植えなおしました。

 

手順は、このとおり。

1.親株を鉢から出す

 

2.古い土をやさしくほぐす

 

3.新しい鉢(我が家の場合は古い鉢を洗って再利用)に鉢底石を入れる

 

4.観葉植物用の培養土を鉢の3分の1~半分くらい入れる

 

5.ウンベラータを仮置きして高さを見る(土が多すぎ、少なすぎなら調節)

 

6.ウンベラータを入れ、スキマに培養土を入れる

 

7.水をたっぷりとあげて完了!

 

培養土は、アイリスオーヤマの観葉植物用粒状培養土を使いました。

 

2年前に植え替えをしたときは、余っている草花用培養土を使えばいいか!と何も考えず植えたところ、コバエが発生してしまい嫌な思いをしましたので、今回は観葉植物用の土に。

きのこ

コバエは有機質を含む土を好むそうです…

 

今回は、虫も発生しておらずトラブルなしです!

 

ちなみに、コバエが発生した時は、土の表面を無機質の土などでおおうと良いそうです。

きのこ

我が家の場合は赤玉土で厚めにおおったところ、いなくなりました。

 

化粧石などを使ってもおしゃれですね!

 

剪定後の親株と挿し木の成長

親株の剪定、植え替え、挿し木(枝を水につけただけ)を終え、ひと段落。

 

その後の成長はこんな感じです。

 

【約1週間後】すこーし成長

ウンベラータの挿し木

水につけていた挿し木の枝は、根っこのもとらしき白いプツプツが出てきました。

 

剪定した親株の方は、切った部分の下の芽が赤く膨らんできています。

ウンベラータの挿し木

 

親株の上の方は、新しい葉っぱがどんどん出てきました。

ウンベラータの挿し木

 

【約1か月後】にょきにょき発根!植え替え

ちょっと放置気味だった挿し木の枝が、こんなに根っこが生えていました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinokononiwa(@kinokononiwa_insta)がシェアした投稿

 

あわてて植木鉢にお引越し。小さな植木鉢に観葉植物用の培養土を入れ、植えこみました。

ウンベラータの挿し木

きのこ

土を入れすぎて、水をやると土があふれてきます…土はもう少し少なめがベスト

 

親株の新芽も随分大きくなりました。そろそろ葉っぱが出てきそう。

ウンベラータの挿し木

 

 

【約1か月半後】新芽がぐんぐん成長

ウンベラータの挿し木

葉っぱが少しずつ出てきました。

 

明るい黄緑色にプルプルの感じがかわいいですね!

ウンベラータの挿し木

 

ほかの箇所もこんな感じで新しい葉っぱが生まれました。

ウンベラータの挿し木

 

一番下の細い枝は、小さな芽がいくつか。頑張って成長してくれています。

ウンベラータの挿し木

 

挿し木した子株の方も、新しい葉っぱが開きました。

ウンベラータの挿し木

夏の間にどれくらい大きくなるのか楽しみです。

 

ウンベラータのお手入れ まとめ

ウンベラータを元気に育ててあげるには、ある程度の期間で剪定や植え替えが不可欠。

 

剪定は、

  • 気温が上がってきた時期に
  • 伸ばしたい芽の上で切る

を守ればあまり失敗することはないようです。

 

植え替えは、「観葉植物用の培養土」を使うのがおすすめ。

きのこ

2年前の我が家はコバエ発生で大変でした…

 

新しい芽の成長を見守るのも楽しいもの。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

我が家の成長記録も、引き続き更新していきたいと思います。

 

▼ウンベラータの基本情報はこちらの記事もどうぞ

参考おしゃれで育てやすい観葉植物 初心者にもおすすめのウンベラータ

 

▼ラベンダーも挿し木で増やしました!

参考ラベンダーを挿し木で増やす!秋の挿し木~初夏の開花までの記録

 

▼ビオラは挿し芽で増やせます

参考ビオラを簡単挿し芽で増やそう