楽しくできる入学準備⇒

服部牧場(神奈川県)で動物たちとファームガーデンに癒されてきました

服部牧場(神奈川県)で動物たちとファームガーデンに癒されてきました

宮ケ瀬ダム近くに面白い牧場があるらしい…と聞いていたものの、なかなか訪れる機会がなく、先日ついに行ってきました!

 

動物たちと触れ合ったり、えさやりしたり、おいしいアイスや手作りソーセージを味わったりできるだけでなく、

 

さらに、素敵なこだわりガーデンまであるとのこと!

 

この記事では、神奈川県にある魅力いっぱいの服部牧場に行ってきた感想を写真とともにご紹介していきたいと思います。

 

服部牧場への行き方

服部牧場入口

 

服部牧場は、神奈川県の宮ケ瀬ダム近くにあります。

 

服部牧場 基本情報

所在地:神奈川県愛甲郡愛川町半原6087

電話 :046-281-0917

ホームページ:https://kanagawa-hattoribokujou.com

 

車の場合

圏央道 相模原ICより15分、または東名厚木ICより40分程度です。

 

敷地内に無料の駐車スペースがあります。

 

電車・バスの場合

小田急線「本厚木」駅より神奈川中央交通バス「野外センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(駅から60分)
→バス停から徒歩30

 

JR線・京王線「橋本」駅より神奈川中央交通バス「鳥井原ふれあいの館」行き「串川橋」下車(駅から40分)
→バス停から徒歩30




服部牧場はこんなところ

服部牧場の駐車スペース

 

我が家が服部牧場に到着したのは、連休の真っただ中、11時過ぎ。

 

駐車場にはすでにたくさんの車がとまっていました。

きのこ

予想していたよりかなりにぎわっています!

 

駐車スペースは、牧場の一画を開放しているようで、でこぼこの草地です。

きのこ

案内の方もおらず、ラインなども引いていないので、なんとなくまわりに合わせて停めていく感じでした

 

馬たちがのんびり

服部牧場の馬

車をおりると、さっそく出会えたのが…馬たち!

 

のんびりと草を食べています。

 

柵の周りに人が集まると、近くまで寄ってきてくれました。

服部牧場の馬

間近で出会えた馬たちに、馬好きの娘は大興奮です。

 

ソーセージ工房で軽くランチ

服部牧場のソーセージ

到着したのがお昼前くらいだったので、さっそくランチ。

 

狙っていたのは、職人さん手作りというオリジナルソーセージ!

 

30分近く並びましたが、無事に買えました。

きのこ

ソーセージは皮がパリッと、肉汁たっぷりでおいしかったです!ポテトもお芋の風味がしっかりした味でした

 

ちなみに、お昼過ぎには行列がどんどん伸びていたので、できれば早めの到着がおすすめです。

 

左に見えるソーセージ工房の建物からぐぐーんと列が伸びていきます。

服部牧場のソーセージショップ

 

トラクターで遊べるピクニックエリア

服部牧場の広場

ソーセージ工房の近くには、のんびりくつろげるピクニックエリアもあります。

 

ベンチもちょこちょこありますし、レジャーシートを持ってきて広げてもOK!

 

広場には、トラクター(?)などの農機具が何台も置いてあり、子どもたちの格好の遊び道具&フォトスポットになっています。

服部牧場の広場

運転席に乗り込んでハンドルやレバーを操作してみたり、タイヤによじ登ったり…もはやアスレチックと化しています。




アイス工房でジェラートを堪能

服部牧場のジェラートショップ

服部牧場で生産された牛乳を使ったアイスクリーム工房もあります。

 

こちらもなかなかの並びっぷりですが、意外と進むのは早かったです。

 

ここでは、牧場でおなじみのソフトクリームだけでなく、なんと種類豊富なジェラートも味わえちゃいます。

服部牧場のジェラート

 

私はラムレーズン、娘はキャラメル、夫はイチゴミルク系を選びました。

服部牧場のジェラート

きのこ

山々を眺めながら新鮮なミルクで作られたジェラートを味わう…素敵な休日です!

 

カップがコーンか選ぶことができますが、道にいくつかアイスの落とし物を発見したので、カップがおすすめかもしれませんね…。

 

乳しぼり体験と牛舎見学

服部牧場の乳しぼり体験

服部牧場では、乳しぼり体験もできます。

 

1組1,500円で、先着順で申し込みとなるそうですが、この日は混雑していたため、11時30分頃にはすでにいっぱいとなっていました。

 

なお、乳しぼり体験をしなくても、牧場内の牛舎は自由に見学することができます。

服部牧場の牛

きのこ

牛ってかなり大きいから、間近でみるとすごい迫力ですよね!

 

この牛さんたちのミルクをいただいていると思うと、感慨深いものがあります。

 

あひるやガチョウ、七面鳥たちもいます

服部牧場の小動物

牛舎の隣のスペースには、アヒルやガチョウ、七面鳥、鶏などがたくさん!

 

娘は七面鳥を見たのが初めてだったのでちょっと怖がっていました。

服部牧場の鶏

ニワトリは、柵の外でも気ままに散歩中。

 

ニワトリの「コケコッコー」の鳴き声、実際に聞くことはあまりないので新鮮です。

 

動物へのえさやりもOK

服部牧場のえさやり体験

牧場内では動物のエサも売られていて、自由にあげることができます。

きのこ

馬、牛、犬、ネコにはあげられないので注意!

 

羊は小さな子どもでもえさやりがしやすいので、大人気でした。

服部牧場の羊

エサは、アイスクリーム工房の店内で買うことができ、1袋100円。

 

混んでいる日はエサも売り切れになることがあるようなので、えさやり希望の場合は、先に買っておくと安心です。

 

羊たち、午後になると随分眠たそう…。やはり早い時間のほうが動物も元気いっぱいなのでしょうか?

 

服部牧場の羊




知る人ぞ知る、ファームガーデン

服部牧場のガーデン

牛舎の裏側、階段の上には、知る人ぞ知る素敵なファームガーデンが広がっています。

 

専属のガーデナーさんが一から手作りで作り上げたというお庭は、ナチュラルで繊細で、でもカッコイイ魅力あふれる空間。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kinokononiwa(@kinokononiwa_insta)がシェアした投稿

 

娘も「お花畑で遊ぶの楽しい!」とお気に入りになりました。

服部牧場のガーデン

我が家が訪れたのは9月だったので、パンパスグラスやグラス類がきれいで印象的。

 

「おぎはら植物園」さんやポール・スミザーさんがお好きな方にはたまらない場所ではないでしょうか。

 

そこまで広大な広さというわけではありませんが、実は私も「おぎはら植物園」さんやポール・スミザーさんが大好きなので、かなり長居してしまいました。

 

遠くに山々も見え、気分は高原。

きのこ

違う季節の景色もまた見に行きたいです!

 

バーベキュー・キャンプ場もあり

服部牧場バーベキュー

我が家は利用しませんでしたが、日帰りバーベキュー場や泊まれるテントサイトもあります。

 

バーベキューは食材付きの手ぶらセットなども頼めるそうです。

 

服部牧場の案内図

服部牧場見取り図

服部牧場の全体像はこんな感じです。

 

上の方にある「草地」部分がファームガーデンになっています。

 

真ん中少し下の「採草地」となっているところは、私が行った日は駐車スペースになっていました。

 

あわせて行きたいオギノパン工場

オギノパン工場

服部牧場から車で5分ほどのところにあるのが、オギノパンのパン工場。

 

売店も併設されていて大人気のスポットです。

 

ガラス張りのパン工場は外から見学することができます。

オギノパン工場

たくさんのパンがベルトコンベヤーで動いていく姿は大人が見ても楽しい!

 

外には揚げパンコーナーもあり、ちょっとした休憩所でそのまま食べることもできます。

オギノパン工場

 

焼き立てパンを買って服部牧場で食べるのも、帰りにお土産に買って帰るのも、どちらもおすすめ!

 

服部牧場に行ってきた感想 まとめ

存在はなんとなく知っていたのですが、服部牧場を訪問したのは初めて。

 

思っていたより混雑していて大人気スポットなのだなと思い知らされました。

 

 

特にアイスクリーム工房やソーセージ工房は行列になりやすいので、ぜひ早めの到着を。

 

動物たちと素敵な植物に囲まれた癒しの休日、おすすめです!

 

▼神奈川周辺の遊び場まとめ

【神奈川・東京都下】子どもが楽しめる遊び場まとめ【神奈川・東京都下】子どもが楽しめる遊び場まとめ

▼楽しく進められる小学校入学準備

小学校への入学準備に!楽しく安くて続けやすい幼児ポピー(口コミレビュー)小学校への入学準備に!楽しく安くて続けやすい幼児ポピー(口コミレビュー)

▼ナチュラルな雰囲気の庭を作る方法

イングリッシュガーデンの簡単な作り方が知りたい!雰囲気を出すポイントをまとめてみましたイングリッシュガーデンの簡単な作り方が知りたい!ナチュラルな雰囲気のポイントをまとめてみました